薩埵峠 2021.4.10

桜追い その4 2021年3月26日

「ソメイヨシノ」が咲き誇り、チュリップ、菜の花も負けずに花をひろげ、のどかな春の一日でした。歩数は11000歩で新記録!4月からの太極拳のために「貯筋」が出来ました。太極拳、出来るのが嬉しい!                     ひろとんぼ

桜追い その3 2021年3月25日

此処は真鶴駅から徒歩5分なので健脚は全く不要です。園内にある20本程度の「枝垂れ桜」は8分咲き、「大木のシャクナゲ」は満開で、落ち着きのある竹林と池とに映えていました。竹林を抜け、急峻な階段を恐る恐る下り、「福浦漁港:みなと食堂」での生ビールと 刺身定食は最高でした。湯河原の町と遠くに十国峠の眺望も素晴らしかったです。コロナ禍の中、肩身の狭い思いをして行って来ました。花見客は10人位でした。
                                   ひろとんぼ

桜追い その2 2021年3月3日

見頃がちょっと過ぎていましたが、「真っ白な富士と桜」を眺める事が出来ました。困ったのは「トイレがない」ことでした。近くのビニールハウスで仕事をしていた方に尋ねましたら200m下流の「荻園橋公園」に簡易トイレがあるよと教わり、歩いた 歩いた!!6288歩となりました。                         ひろとんぼ

世古口顧問のお庭から2021年2月23日

2月21日(日)には丹沢湖へドライブに行かれたそうです。

立春 2021年2月3日

早咲きの白梅と中井中央公園からの富士 2021.1.26

真鶴岬ドライブ 世古口顧問 2021年1月7日

明治記念大磯邸園

紅葉便り 奥多摩と丹沢から 2020.11.1

鎌倉広町緑地散策 2020.10.13

JR大船駅から湘南モノレールに乗り、「西鎌倉駅」で下車、徒歩15分の処にあります。
谷戸と尾根が織りなす景観で“隠れたる里山”を感じました。
里山ボランティアの人たちが1グループいただけで、他のハイカーたちの姿はなかったです。「けもの道」を歩きましたがあちこちに秋の野草が花を付けていました。頂上からの眺望(七里ヶ浜、腰越方面)も素晴らしかったです。久々の山登りになったので「七里ヶ浜のレストラン」で海を見ながら「生ビール」で疲れ果てた身体を癒してきました。  ひろとんぼ

雲と青空;三題 2020.8.27

スタージェンムーン 2020.8.3

セミの混成合唱団

大磯には偉い方が眠っています 2020.5.24

中将は昭和17年「北方司令官」となり、終戦を迎えた。敗戦後既に日本軍は武装解除、撤退命令が出ていたにもかかわらずソ連軍の北海道侵攻に断固反撃を全軍に命令し、ソ連軍を撃退し、北海道を守り抜いたと言います。
北海道の友人は、「中将が居なかったら今頃俺はロシア人になっていた」と。
また中将は昭和12年、ハルピン特務機関長時代、ナチスに追われた多くのユダヤ難民を人道上満州へ入国を許し、命を救ったとの事です。日本にも偉い人がいたもんだとつくづく思いました。
樋口中将の偉業を知り、「コロナで使い果しそうになったエネルギーの充電」がまだまだ出来る様な気がして来ました。以後、「妙大寺」(松本順先生のお墓もあります)は小生の散歩コースに加わりました。                                ひろとんぼ

先生方からのメッセージ 2020年5月

加藤先生

皆さんもお元気でしょうか?

いま、コロナウイルスで今までの生活から見ても変わりましたよね。仕事は今までと同じ通常出勤です!今はこの現状を皆で耐えましょう。そして収束してまた皆で太極拳を思いっ切りやりましょう。!!

改めて、普通に日常の生活や太極拳が出来る有難さが、身に沁みますね!!

岸先生

ステイホーム:来る人も無く主人と二人花の手入れを楽しんで、綺麗な花や新緑に癒されています。コロナが収束し皆様と練習できる日が待ち遠しいです。

中沢先生

“ステイホームの中で”

皆さん お元気ですか? 私はゴミ出し、風呂掃除など家事の手伝いが増え、これは非常事態が解かれても今後私の担当になるでしょう。早く教室が再開し、皆と楽しく活動できることを心待ちにしています。

                 こゆるぎ太極拳・湘南さざれ石太極拳  中沢 司郎

世古口先生

Stay  Home !!                                                               

皆さん それぞれ すごもり生活を 楽しんでおられると思います? 焦っても仕方ないので 長期戦覚悟で先を見つめてのんびり構えてやっています。天が与えてくれた 貴重な時間とポジティブに捉えて、今まで出来なかった事をやってます。今の日課                                           

①庭の手入れ ②散歩(密を避けて目標5000歩以上)③ストレッチ、太極拳(体が鈍らない程度に)ダイエット目標4kg減 少しだけテレワーク等 結構多忙です。最近の我が家の庭です。新緑がきれいです。今年も藤の花がきれいに咲きました。左:藤の花、右上:アイリス、右下:深まる新緑

渡邉先生

コロナ騒ぎで大変な毎日が続きますが、皆様お変わりありませんか?私は、ストレッチだけは続けようと思いながらも何とも気分が乗らず、站トウや練功をする程度で何とか太極拳を忘れないようにしています。こんな毎日ですが、食欲は相変わらず旺盛ですので、買い物は少し遠くのスーパーまで歩いて行くようにしています。一日も早く皆様とご一緒に練習で汗を流せる日が来ることを心より楽しみにしております。それまで皆様お元気でお過ごしください。

コロナ感染から身を守る方法 2020.4.28

私はクリニックで高血圧や高齢などコロナハイリスクの患者さんを診ています。

コロナ感染から身を守る方法をどうやって説明したらわかりやすいか試行錯誤した結果を皆さんにシェアします。(追記:NHK で取り上げてくださいました)

【この記事を読むと良さそうな人】

・コロナが流行っててもうちはテレワークにならない。外出自粛したくても出勤しなきゃいけない状況なのに、どうやって身を守るの?

・実際のところどうやったら身を守ったことになるんだろう。医者一家のコロナ流行中の日課を知りたい。

【知識で身を守ろう!知識ほど低コストな予防法はない】

0.目次】

1.事実をどういうイメージで理解すればいいか?

2.じゃあ実際どうすれば自分を守れるのか?

1.事実をどういうイメージで理解すればいいか?】

・ウイルスは油とタンパク質と核酸の塊で、生き物ではありません。大腸菌は餌と混ぜて容器に入れておいたら培養できますが、ウイルスは培養できません。生き物ではないのです。体内に入ったときだけ、体の中にある細胞と反応を起こして増えていきます。

・ウイルスは油とタンパク質(と核酸)の塊なので、身近なものでは牛乳にイメージが近いです。牛乳をスプレーボトルに入れてスプレーしたところをイメージしてください。ピシャッと飛んで、目の前の机に付いたとしましょう。白い細かい液滴がついて、やがて乾いて、机にはカピカピの白い点々が残ります。そこを触ると、手に微細な牛乳のカスがつきます。この手で鼻や口を触ると呼吸のたびに吸い込だり食べて喉に付いたりして肺に入ります。(飛沫が物に付着して感染するパターン)。

・さらに、牛乳をスプレーボトルではなくミスト製造機に入れてみましょう(夏場の屋外施設で冷却目的に最近見かけるあれですね)。牛乳のミストは、黄砂とか花粉のようにもうもうと遠くまで飛んでいったりしません。(ちなみに麻疹ウイルスはコロナよりも遠くまで飛ぶ図をイメージしてください)。コロナやインフルエンザのウイルスはまさにミストのイメージです。感染者の鼻や口からしゅっとミストが飛び出し、数秒〜1分単位で消えるイメージ。遠くまではいけません。2mです。これが麻疹ウイルスの空気感染とインフルや新型コロナの飛沫感染の違いです。ただし、換気の悪い密室ではミストは簡単に消えず、30分漂い続けられることがわかっています。
密室で30分漂うことからもわかるように、屋外の2mも目安で、実際は湿度や気流など諸条件の影響を受けもっと長い場合もあり得ます。密室でも1時間などもっと長い報告もあります。)

・ウイルスは、立体構造が維持されていなければ、病原性がありません。よって立体構造が維持されない状況では全て病原性を失います。つまりただのモノになってしまうのです。

例:加熱でウイルスを破壊する・・・牛乳を温めすぎると分離しますね。あのイメージです。加熱によって立体構造が壊れ、病原性が失われます。

例:石鹸でウイルスを破壊/除去する・・・石鹸が界面活性効果でウイルスの油を壊します。よって病原性が失われます。さらに、洗い流すことによってウイルスを物理的に遠ざけてしまいます。

例:72時間放置してウイルスの自然崩壊を待つ・・・スプレーボトルから噴射されて机についた牛乳の液滴は、時間が立つと色やにおいが変化しますね。そのイメージです。新型コロナウイルスは、現在発表されているデータをひとつ挙げると、常温で72時間後までに立体構造が崩れて病原性を失います。

例:アルコールでウイルスを破壊するウイルスの油が溶けて病原性が失われます。

例:過酸化水素油やタンパク質を壊します。よって病原性が失われます。

2.じゃあ実際どうすれば自分を守れるのか?】

大事なのは自分の手という危険物から自分の鼻と口(どちらも肺への入り口)を守ることです。

外に行ったら、「全ては『72時間で消えるペンキ』でペンキ塗りたて」だと思ってください。

<街中で>

電車の座席に座ったら、「あぁ今背中とお尻にごっそり塗りたてペンキが付いたな」と思ってください。

エレベーターのボタンを押したら、「あぁ今指先にペンキが付いたな」と思ってください。

目標は、口や鼻にペンキをつけないことです。人間誰でも、うっかり手で鼻をこすったりします。なので、マスクを持っていれば、マスクをしてください。手でうっかり鼻を触らないという目的において、マスクは有効なのでマスクをしてください。マスクがなければ、ペンキ付きの手で自分の鼻や口をうっかり触らないように気を張りましょう。

髪の毛も人間誰でも無意識に触ります。ペンキのついた手で髪を触りますから、髪にもペンキがついています。

誰かが2m以内の距離でくしゃみをしたばかりの空間を通った場合は、空中の液滴がお腹や肩にもついているでしょう。

街に感染者がいる限り、その人からプシュッとスプレーされたペンキが落ちたところにはペンキが付いています。またその人が鼻をさわった手で手すりを触れば、手すり等にもペンキが付いています。その人が触ってから72時間後まで乾かないのです。

全身ペンキまみれでもパニックになる必要はありません。鼻や口に入る前に洗えばいいのです。大事なのは、全身のペンキを鼻や口に入れないことです。

<帰宅時>

さて、家に帰ってきました。家の中では、マスクも外して、ペンキのことなど考えずリラックスしたいものです。

家の中をリラックスできる安全な空間にするために、それまでは「全身ペンキまみれでも鼻や口に入らなければ焦らなくてよい」と歩いていた屋外から一転、玄関ではボルテージを一気に上げて一挙手一投足を慎重に神経質にやりましょう。

外から帰ったら、鞄は部屋には持ち込まず玄関に置きます。上着も玄関に置きます。服も玄関で下着以外脱いでしまい、そのまま洗面所に直行して洗濯機につっこんでください。そのままお風呂に直行してシャワーを浴びて、髪の毛のペンキも落としていまいましょう。
これで「家の中にはペンキ持ち込んでいない!」とリラックスできます。

<外出先での飲食>

ここまでお読みになってイメージの湧いている方は、「外出先で」「手を口元に」持ってこないとできない行為を思い浮かべるだけで身の毛もよだつはずです。その行為とはなんでしょうか。「食べる・飲む」です。

職場でお弁当を開けるとき、マスクを外します。ですから手を洗いましょう。周囲2メートルに人がいないか、部屋の換気は十分か確認しましょう。マスクを外している人からはペンキのミストが出ていますので、同時に至近距離で食べるのは避けましょう。「この人は咳してないから大丈夫」と思ってはいけません。無症候性感染者から出たスプレーでも感染します。

外出先で飲食しなくて済むのが一番です。でもやむを得ないときはチェックしましょう。

まず、その食べ物にペンキが付いている可能性がないか考察しましょう。その食べ物を作った人はマスクをしていましたか(弁当・惣菜類は腐らないように平時からマスク・手袋・三角巾で作っていることが大半だと思うので安心できます。調理者がマスクをしていないものは避けるか、やむを得ないときは食べる前にレンジで十分加熱しましょう)。周囲2メートルに人はいませんか。部屋の換気は十分でしょうか。そうでなければその食べ物にはペンキが付いています。

そして、自分の手にペンキが付いていないか確認しましょう。食べる前に手を洗いましたか。せっかく手を洗っても、マスクを外すときにマスクの外側を触るとまたペンキが付きます。外すときは耳の後ろのゴムを持って外しましょう。(可能ならマスクを外したあとさらいもう一度手を洗うと厳密ではあります)。

街を歩くと8割位の人がマスクをしていますが、食べるときは人間必ずマスクを外します。他の人の、マスクしていない口から飛び出したペンキが自分の食べ物に飛んできます。

正確に言うと、72時間以内に誰かが触った可能性がない場所は、ペンキもついていないです。

ここでいうペンキは何の比喩かというと、「人々から放たれた飛沫・エアロゾル」です。そこにはコロナウイルスの含まれた飛沫も、含まれていない飛沫もあるでしょう。これほど流行が活発化している今、無症候性で検査していない例も考慮すると、飛沫にはまずコロナウイルスが含まれていると想定すべきです。

まず最低限鼻と口を触らないようにしてほしいので、鼻と口ばかり書いていますが、今回のコロナについては眼からの感染も報告されています。万全を期すなら眼鏡もしましょう。特殊なゴーグルでなくても通常の眼鏡でも、うっかり手で目を触らないという目的に対しては効果があります。(ペンキのミストに対しては効果がありません。ペンキがミストになって噴射されている場所=密室には行かないようにしましょう)。

Facebook友達はもうすでに密室を避けていると信じてわざわざ書いていませんが、換気の悪い密室ではスプレーボトルではなく持続性ミスト製造機をイメージしなければいけません。咳やくしゃみのスプレーをしていない無症候性感染者であってもただ息をするだけでペンキのミストを撒き散らし、空間はペンキのミストに満ちています。しかもそれは数秒で消えてくれたりしません。屋外のように、「マスクが手に入らなければ手で鼻や口を触らないようにすればいいよ」とは言って差し上げられません。密室は危険すぎて言葉もありません。

Q&A

Q 医療従事者の感染が相次いでいます。医療従事者でも身を守れないなんて、自分は無理なんじゃないかと怖いです(ゴーグルとマスク完備で受診したハイリスク患者さんより)

A 医療従事者は市民とウイルスの浴び方が違うからという可能性が考えられます。

市民が遭遇するのは、感染者が呼吸・咳・くしゃみ等で体の外に出したウイルスです。
医療従事者は、もっと感染力の強い出方で人体の外に出たウイルスに遭遇します。例えば、医者は、人工呼吸器を使う前に、患者さんの口を開けて覗き込みながら、、挿管チューブというものを肺の入り口まで差し込みます。このときも咳くしゃみ等では考えられない量のウイルスが外に出てくると言われています。そのため、特殊な潜水服のようなものを顔につけて挿管チューブを入れる方法が開発されているくらい、ただのマスクでは防御できないような量のウイルスを浴びます。ほかに、身近な例では例えば、インフルエンザのとき鼻に綿棒を突っ込む検査をされたことがある方も多いと思いますが、あの検査をすると大量のウイルスが外に出てきます。綿棒を突っ込むためには患者さんの至近に顔を近づけなければなりませんから相当な量のウイルスにさらされます。

Q ペンキの話。実際ペンキの鼻口への侵入を防ぐとなると結構めんどくさい。実際医者一家はそこまでやっているの?
A
 やっています。実は普段から、「今日は風邪の患者さんを診察した」という日は帰り道は鼻や口を触らないよう気を張り、玄関を開けたら同様に風呂に直行し、自分が風邪をもらうのを防いでいます。(風邪患者さんを診察した日にこの手間をめんどくさがると大抵風邪を発症するので欠かさなくなりました。平時医者が毎日ノロとかインフルとか診察していても自分がかからないのには理由があるのです)。何の特殊資材もお金もいりません。いずれにせよお風呂には入るので、帰宅後お風呂に直行することで失うものは何もありません。アルコールがなくても石鹸で洗えばいいことを知っているのでアルコールが売り切れていても慌てません。

コロナ流行開始後の行動で言うと、外出先での飲食のリスクは高すぎるので、土曜午前業務の帰り道など、仕事を2時に上がっても空腹のまま、お腹が空きすぎて気持ち悪くなりながら、それでも食べずに帰宅してます。午夜までの仕事のときは食べないわけには行かないので、記事中の記載のとおりにしています。

Q 神経質さが要求される玄関。玄関で特に注意すべきことは他にありますか。

A

・思わぬ危険があるのが、スマホです。外でペンキまみれの手で触ったものを、屋内に持ち込んて、せっかくきれいになった手で触ってそれを口に入れたら、元も子もありません。家の中ではスマホをジプロックに入れてジプロック越しに操作すると特別な資材なしに自分を守れます(もちろんアルコールや過酸化水素が家にあるならそれで消毒して使ってもよい)。私のスマホはジプロック越しで普通に使えます。

・玄関ドアのノブ、玄関の電気のスイッチも、まだペンキを洗い落としていない手で触った場所です。こちらは「外とみなして、外出時以外は触らない」のが簡便です(アルコールが余っているなら拭いて消毒してもいいですが)。宅急便受取などで玄関のドアノブと電気のスイッチを触ったあとは、手についたペンキを洗い流しましょう。

・マスクは何日も使いまわしている人が多いと思います。うちは玄関ドアに人数分マグネットフックをつけて、マスクをぶら下げています。玄関ドアに接する側をマスクの外側にするか、内側にするか、決めておきましょう(マスクの外のペンキがマスクの内側につかないように)。
・スマホまで怖がるなんて神経質なと思う方はhttps://l.facebook.com/l.php?u=https%3A%2F%2Fwww.jmedj.co.jp%2Fjournal%2Fpaper%2Fdetail.php%3Fid%3D14278&h=AT2d8mJro9DC-S_4ben9Ai65e6_MW22a9X2nQ5uIuOs78cfjbT5yllsHFj1MDYg2pHEBhI4IN8onWxj2TYOjbgehua6AvjlTjI6TIlwH5DGhcY3eP3_sc15ZLIQbebafUbGhE8zFmq5AFkCJhoBSrkSDWCFRshnEiSKI の「5.COVID-19の感染様式」に書いてある香港SARSの話を読んでみてください。

Q あと医者一家がやっていることはありますか。

・アマゾンの拠点で感染者が出てからは、念の為、アマゾンの荷物は受け取ったあと72時間玄関に放置して、そのあと開封しています。(ウイルスが72時間で病原性を失うというデータに基づき)。放置して失うものはないので。

・栄養バランス等普通の健康上の注意。

【3.おまけ】

・この記事の9割が、全ての医者が医学生として最初の頃に習う内容です。特殊な知識ではありません。感染症の専門家でなくても誰でも知っています。知っているから、毎日ノロやインフルエンザの患者さんを診療していても、医者は感染しないのです。

・出典を聞かれると「医学生時代の授業プリントとノートです」と言いたくなりますが、強いて言えば医学生の読む参考書「病気がみえる vol.6 免疫・膠原病・感染症」等が読みやすくて良いかもしれません。ウェブ上ではhttps://l.facebook.com/l.php?u=https%3A%2F%2Fwww.jmedj.co.jp%2Fjournal%2Fpaper%2Fdetail.php%3Fid%3D14278&h=AT2iKNWIckgMDDyhn8AFImJt_0VVDRa0wXy5VSSE7Ux8KA-N5fsS9Kb0U6tHjGGkhuAHxLp-UtLlZNbE9IWM-JvgAZ33ssjioKjkDyRGlEFQyyOTDozBj7uprbEsI_R5aWQfk4KMEu3nFyuYQ2ATzehwyY7rIKy2Stb5 がよくまとまっておりおすすめです。イメージ主体の本記事とは異なり事実のみを淡々と述べていて大変わかりやすいので、本記事でイメージを持ったあとに読めば医療従事者でなくてもすっと頭に入るのではと思います。(牛乳ミストが2mで消えるというのはこの記事をもとにしています。ちなみに常温72時間で崩壊の方は下記ですがこれは英語なので興味ある方のみどうぞ。

https://l.facebook.com/l.php?u=https%3A%2F%2Fwww.nejm.org%2Fdoi%2Ffull%2F10.1056%2FNEJMc2004973&h=AT0oDhKIb54h-6C2KoXZMVFb1xjo11EpiHT8v9sMxFHkWArciMGPo4CzGEAHMrfT5BPAYpr4Fpki4__N-WvBeEzi44C-DZars2iXWgdP9IzEJrhnbV6Gr0n78duYoilypEXQ00OinGOY7qMyAMTCI6_GX_wODsC5S4lh)。
・「具体的にどうするか」の項は医療現場の「標準予防策(スタンダード・プリコーション)」「ガウンテクニック」「器械出し」等を家庭用に改変したものです。
・この記事の9割を占める「医者が皆知っている新型コロナウイルスに限らない基本的感染防御」については確立された知見ですが、新型コロナウイルスの飛距離や自然崩壊までの時間等の最新データについては今後情報がかわることもありうると思うので、その点ご了承いただければと思います。

「外出しない」のが一番知識いらずで簡単に確実に自分を守れますこの解説はあくまで、テレワークができない職場に勤める患者さんたちが、リスクのある中どうしても通勤しなければならないという現状をまのあたりにして、身を守る方法を説明したものです。

・日本のテレワークの普及率の低さを見ると、「会社が許してくれないから通勤せざるを得ません」という人がほとんどなのでは。私の患者さんでも、テレワークになったという人は少数派です。Google発表の位置情報データでは、職場にいる人の人数の減り具合はイタリアで64%減、米国で38%減なのに対し、日本ではたった9%減だそうです。東京都ではもうちょっとテレワークが進んでいるものの、ニューヨーク州は64%減、東京都は27%減です。https://l.facebook.com/l.php?u=https%3A%2F%2Fwww.asahi.com%2Farticles%2FASN4436STN44UHBI00F.html&h=AT3eLk1KBKg4hdPaNYkRkiz5wDF5Y8AIm4n4Eow6N-62PITXcu5dVt749-JBZKQkhFXSR-fWDySdTR74nkry0x36KXiIv05Azf0XWFRHd1OQRih2JdP7PKO6UhGW6-jo0D19X1lu861ZcTtjwSzAo3ep_fBy3Nbm-e0Z

上の新聞記事は44日のものです。419日のGoogle発表位置データでは日本が22%減となりました。減ったとはいえまだ多くの人が通勤していることが伺えます。
【追記】
思いもかけず、NHK総合とNHK NEWS WEBで取り上げていただきました。
取材いただくことになって、改めて情報のニーズを実感しました。
1.NHK NEWS WEBで記事をお読みいただけます。 https://l.facebook.com/l.php?u=https%3A%2F%2Fwww3.nhk.or.jp%2Fnews%2Fhtml%2F20200415%2Fk10012388541000.html%3Ffbclid%3DIwAR33J5wyZjvrnsBKtFGyAtcFUQ7JdKIEs7B6D0FjS8iLwkZQ24b2J1mkYZA&h=AT1HNuxqTLsLNP-UFs4vYUdHyCT02Mc18AmIRIO91IoDJ7XWwNNlB0cgh-TNl1ym-K9YeSfWgtSD8KsCQ5FojMt1Qf4-bI8qixxN96q0w5LHYmJUNlkvGeE6_OtViYVZHC7mkzwUGQ3Gw49A1y9rYMpOoTVVBN4aUn-qSko7Xy8Cx2JT_A
2.NHK総合41523:15「きょう一日」の中で放映がありました。現在、NHK+というアプリでも視聴可能のようです。こんなことは初めてなので緊張しましたが、熱心に話を聞いてくださる記者さんでありがたいことでした。イラストを交えた記事・放送にしてくださいました。
ノートの中でも述べましたように、シェアしたノートの中身の9割は医者なら誰でも知っていることです。私は内科医でありウイルスの専門家ではありませんが、皆様の日々の暮らしのお役に立ちましたら幸いです。

大磯海岸のスーパームーン 2020.4.8

すずめと遊ぶ 2020.3.31

「コロナ騒動」で町の諸施設が使用不可となり「太極拳」も「脳トレ体操」も休止となってしまいました。朝昼晩,雀に餌をやっていましたが、毎日ぶらぶらしている小生に気が付き「もっとくれ!」と追い掛けて来ます。 とても可愛いです。すっかり「すずめのおじさん」になりました。最近、「ツグミ」「イソヒヨドリ」「ムクドリ」等が「すずめの食事」を邪魔しに来ます。小鳥たちもコロナに罹らぬよう祈っています。志村けん(日本のチャップリンと言われて)氏の偉大さに改めて敬意を表します。「8時だよ、全員集合!」良く観たね!

 

                                      ひろとんぼ

春の花 2020.3.15

吾妻山の菜の花と曽我の梅林 2020.2.18

幕山の梅 2020.2.13

梅香漂う『地福寺』の庭 2020.2.7

2020年 鷹取新年会 1.27 さざんか荘

大野山からの富士 2020.1.19

大磯花だより;1月

ヒロシの宝物  2014年7月10日

 

 昨年の父の日に、サントリーが永年かけて開発したと言う「ブルーのバラ;アップローズ:Applause」を次女が贈ってくれた。


 2週間ほど花瓶で楽しんだが、花びらが散り始めたので、だめもとでプランターに挿し木しました。5本のうちたった1本つき、今年は何んと二輪の「ブルーの花」を咲かせてくれました。


大事に育てて行きたいと思います。『ヒロシの宝物』となりました。

              (アオバト) 石塚  洋

 

薩埵峠 2021.4.10

興津駅から由比駅まで薩埵峠を歩いてきました。写真

新緑と花の宴   2021年4月9日

各地の桜便り

3月29日、各地からの桜だよりです。

桜追い その4

3月26日(木)、「大和市 泉の森公園」に行って来ました。

桜追い その3

3月25日(木)、曇り空でしたが「真鶴 荒井城址公園」の「枝垂れ桜」と「シャクナゲ」を観て来ました。

南足柄の春めき桜 2021年3月11日

桜追い その2

本日3月3日、“天気晴朗なれど風強し‼” でしたが、思い切って
 「茅ケ崎:小出川桜並木」を歩いてきました。

川尻公園の桜

皆さん、「コロナ緊急事態解除」はあと6日? 頑張りましょう!大磯町にある「川尻公園」(旧吉田邸近くで不動川河口岸沿い)」をご存知ですか?

世古口顧問のお庭から2021年2月23日

庭の椿が咲きはじめました、白が大島から持つてきた
詫助椿です、赤の蕾は藪椿です。詫助椿の名前は千利休が好んだところから来ているそうです。写真

鎌倉彫 2021年2月9日

世古口顧問が鎌倉彫を始められました。写真

立春 2021年2月3日

立春に 湯島白梅 拝みたし
コロナ怖いや 大磯邸で!

ひろとんぼ

写真

河津桜と富士2021.1.30

松田からのお便りです。写真

白梅と富士 2021.1.26

早咲きの白梅が咲きだしました。中井中央公園から富士を拝みました。

鶴巻温泉からの花便り

2021年1月14日山仲間からの花便りです。

世古口顧問から

気分転換に真鶴岬迄ドライブしてきました。大海原が
と夕日が美しかったです。

明治記念大磯邸園

12月28日、午後から晴れ間も出て来たので散歩に出た。脚は自然と「明治記念大磯邸園」に向いた。2年前に観た時より随分と整備が進み、歩き易くなっていました。5人の庭師さん達が庭造りに懸命でした。庭園には早くも椿の花が咲き、バラ園も整備されていました。また来年が楽しみです。帰途大磯中学校正門前の松並木の大木を改めて見上げ、“コロナよ去れ!”と叫んでしまいました。皆さん、良いお年をお迎え下さい。来年も又、よろしくお願い申し上げます。写真
    ひろとんぼ

中後さん案内の明治記念大磯邸園

12月18日にカンフー隊は観光ガイド中後さん案内で明治記念大磯邸園へ行ってきました。写真

晩秋の風景

鶴巻温泉、鎌倉、平塚馬入川、戸川公園の写真です。

季節の花だより ざる菊

11月14日(土)、「タウンニュース」の二番煎じになりましたが平塚 土屋ざる菊園」に行って来ました。
赤、白、ピンク、黄色の可愛い“ざる菊”が良く晴れた秋空に映えていました。
道路を挟んで反対側の畑には、何と今時珍しい“ヒマワリの花”が太陽に向かって咲き誇っていました。得をした気分で帰って来ました。  ひろとんぼ

紅葉便り

奥多摩と丹沢からの紅葉便りです。

大磯秋の花だより

10月27日午後、「吉田茂旧邸」で “秋薔薇” を観て来ました。ちょっと遅かったですが「このコロナの世」でも、薔薇はしっかり咲いていましたよ。これから気温が下がります。体調崩さず「太極拳」頑張りましょう!  ひろとんぼ

秋の馬入 2020.10.16

秋の馬入川沿いを散歩してきました。写真

鎌倉広町緑地散策

10月13日(火)、久し振りに秋晴れとなったので友人を誘って「鎌倉広町緑地散策」をして来ました。写真

彼岸花

2020年9月25日、畑へのあぜ道に咲きました。彼岸花

雲と青空;三題

残暑お見舞い申し上げます。立秋が過ぎたと言うのに毎日猛暑が続きます。皆さん、如何お過ごしですか?「コロナ禍」も収まりそうもありません。緊張の日々が続きますが、ご自愛ください。
そんな中、今朝起きて雨戸を開けたら「真っ白い雲と真っ青な空」目に入り、感動!たった一輪、朝顔も精一杯咲いてくれています。感謝です!「早起きは三文の得!」よ~し、今日も!と元気が湧いてきました。写真  ひろとんぼ

スタージェンムーン

8月3日の満月です。

ひろとんぼさんの撮影

大磯四季めぐり

明日から8月! 未だに「梅雨明け宣言」がありません。今頃は毎年、大磯北浜海岸は海水浴客で賑わっているのに今年はとても静かです。
でも庭先では昨日あたりからようやく「クマゼミの合唱」が始まりました。
時々「ミンミンゼミ」の声が混じり「混声合唱団」になります。「ミンミンゼミ」の出番は早い様な気がするが、之も「コロナ異変!」ですかね。
「コロナ」「熱中症」に気を付けましょう!    ひろとんぼ

今年度の大磯町民太極拳フェスは中止

7月16日の理事会にて中止が正式に決定しました。

”私はコロナでダイエットしました”

徒然なるままに「私の自粛生活と今後のコロナ社会」について 一言

6月花だより その2

雑草が あたり構はず 延び放題に延びているこの景色は胸のすく思ひだ
(中略)
どんどん延び 拡がるがいい そして見栄えはしなくとも 豊かな花をどっさり咲かせることだ!
(北川 冬彦詩集 “実験室”より)
 今年も「夏至」が過ぎ、初夏の花;「朝顔」「アカパンサス」「くちなし」「グロリオサ」が咲き出しました。
 4ヶ月間の「外出自粛」にも耐え、各太極拳倶楽部も協会のルールに則り、7月から元気に再開したいですね。    ひろとんぼ

6月 花だより

新型コロナウイルス感染拡大防止のため臨時休館していました町の諸施設も7月1日より「利用開始」となりました。
 近々「協会方針」も出されることでしょう。
 また新たな気分で、皆さんと一緒に太極拳を楽しみたいと思います!
 この季節、“紫陽花の名所”を訪ねたいところですが、もう少し辛抱しましょう。「柏葉紫陽花」「墨田の花火」(アジサイ)をご覧ください。 ひろとんぼ

大磯には偉い方が眠っています 2020.5.24

先日、北海道むかわ町に住む友人から「北海道を命がけで守ってくれた樋口季一郎中将(当時)のお墓が大磯町妙大寺にある」との知らせがあり、探して墓参して来ました。

大磯町の様子 2020.5.11

皆さん、如何お過ごしですか?連休後駅から海の方を歩いてきました。

5月以降の理事会他 (連絡事項)

大磯の満月 2020.5.7

端午の節句

昨日「八十八夜」が過ぎ、もうすぐ「立夏」!
「端午の節句」です。
コロナの世、超単純な日々が続きますが「鯉のぼり」の様に皆で大空に向かって泳ぎましょう!

新型コロナ禍の中で先生方からのメッセージ

運動公園散歩 2020.5.1

快晴の中運動公園を散歩してきました。

鷹取山散策 2020.4.30

運動不足解消に鷹取山散策に出かけました。吉良さん報告

世古口顧問からのメッセージ

 

このような時こそ 普段練習している、太極拳、五防功、練功、ストレッチなど家で出来る最高の運動ですので是非家での運動に取り入れてください。

運動しないと免疫機能も低下するそうですので、Stay home の時間を有効に使ってください。 

コロナ感染から身を守る方法 2020.4.28

鷹取太極拳の砂崎さんの奥様のご友人のお知り合いの内科医の方が公開された非常にわかりやすい解説をお届けします。NHKでも紹介され好評を博しています。詳細

様々な活動2020.4以降

新型コロナ対応で太極拳の活動は停止中ですが、皆さんの活動を募集します。牡丹物語、戸川公園、シラーペルビアナ物語、大磯の虹等色々な写真とコメントを見てください。 活動報告

大磯海岸のスーパームーン 2020.4.8

写真提供:ひろとんぼ

大磯の各会館は5月末まで使用不可

4月の花だより 2020.4.3

花水川、金目川堤の桜をこっそり観て来ました。

すずめと遊ぶ 2020.3.31

「コロナ」、本当に迷惑ですね。閑に任せて「すずめ」と遊んでいます。

春の花その2 2020.3.30

人気のない所を散策しています。写真

春の花 2020.3.15

大磯二宮周辺の花景色

野中先生扇講習中止

3月25(水) 岩田記念館 9:30~11:30は中止。

県フェス3月28日(土)は中止

合同練習会も中止です。

吾妻山の菜の花と曽我の梅林 2020.2.18

二宮の吾妻山から六本松を経て曽我梅林まで歩きました。花だより

早起きは三文の得

2月16日 朝6:30 二階の雨戸を開けたら東の空が真っ赤に“朝焼け”をしていました。感動しました。

幕山の梅 2020.2.13

湯河原の幕山に登ってきました。梅も海も素敵でした。

2月の花だより2020.2.7

島崎藤村ご夫妻が眠る『真言宗 地福寺』は「紅梅、白梅」が満開見頃となりました。追い掛ける様に「河津桜」も咲きだしました。駅から海に向かって3分です。梅香漂う『地福寺』の庭を観に来て下さい。(令和2年2月7日撮影
ひろとんぼ

合同練習2回目2020.1.30

鷹取新年会 2020.1.27

2020年の新年会をさざんか荘にて開催しました。

写真

大野山 2020.1.19

今年初登山は大野山。霊峰富士が見事でした。写真

県フェスに向け合同練習2020.1.18

第1回の合同練習に皆さん楽しく取り組みました。

写真

大磯花だより;1月

庭先のロウバイが咲きだしました。暖冬のせいか、いつもより開花が早いです。ロウバイの花言葉は「ゆかしい」「慈しみ」です。今年も“狼狽”せず、太極拳に挑戦しましょう!夏みかんも一杯、実をつけています。写真   ひろとんぼ